スポンサードリンク

秋刀魚

秋刀魚
庶民の味方、美味しくて、栄養満点。
安からたくさん買っておこう・・と
買ったものの、毎日塩焼きも飽きてくるし。

開いて蒲焼、フライ、
鮮度が良いと「刺身」や「タタキ」、「なめろう」も
いいですね。
最近は流通がよくなったので
産地から離れていても、生で食べたれるように
なりました。

当座煮にしてみてはいかがでしょう。
画像 1499.jpg


秋刀魚を筒切りにします。
1本を4〜5切れくらい。
これを酢と水で一度ゆでます。
(私は20分くらいはゆでます)
一度ゆでこぼして、新たに水と酒を入れて
(たっぷり目、秋刀魚の高さの2〜3倍)
コトコト煮ます。
梅干、しょうがを入れます。
ダシが少なくなってきたら湯を足します。
1時間以上は煮て
砂糖、醤油(濃い口・たまり)で味付け。
コトコト煮詰めます。
甘露煮まで煮詰めなくてもいいですが
割と濃い味にしておくと
日持ちします。
当座食べたれる(日持ち)から当座煮です。


秋刀魚3本で梅干2個
しょうがは1カケ(これはお好みで)

熱いときに味見をして、少し甘いかな?と
思うくらいにしておくほうがいいですよ。
冷めると塩分系(醤油)が勝ちます。
| Comment(0) | 煮物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生姜を漬ける

新生姜を漬けましょう。
お寿司屋さんに行くと出てくる「ガリ」
と言われる生姜の甘酢漬けです。

非常に簡単!!

新生姜を買ってきます。
だいたい100g50円〜100円くらい。
画像 1460.jpg

これで500gです。400円です。

これをよく洗って、スライスします。
芋(生姜)が重なっている部分に土が
入り込んでいることがありますから、
手で折ってきれいに落としましょう。
布巾などで水分を取ります。

厚みは1ミリくらいから5ミリくらいまで
お好みで。
画像 1462-1.JPG

黄色の線の方向よりも
ピンクの方向で切るのをオススメします。

「らっきょう酢」と言うのが売られています。
これが非常に便利です。
普通の酢の物にも使えます。
この中にスライスした生姜を漬けるだけ。

当日からも食べられます。
画像 1465.jpg

| Comment(1) | 漬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。