スポンサードリンク

米粉:ビーフンで節約料理

節約料理に欠かせない「粉もの」は小麦粉ですが
米の粉ならビーフンです。

焼きビーフン、汁ビーフン、どちらも冷蔵庫に残っている
野菜を使って出来るの上に、簡単。
すでに麺に味の付いているビーフンもあります。
即席麺を作る感覚で簡単に作れます。

麺の戻しも、茹でれば3分くらい、湯に浸して5分くらいと
時間も節約。
300円くらいの乾燥ビーフンを買えば、少なくても
3人前は作れます。
野菜を多く入れれば、栄養もボリュームも満点です。
画像 2451.jpg


合わせ調味料をあらかじめ作っておきます。
分量は、
中華スープ※・・・・・30cc(大さじ2)
塩・・・・・・・・・・4g(小さじ1弱)
醤油・・・・・・・・・20cc(大さじ1強)
酒・・・・・・・・・・20cc
胡麻油・・・・・・・・5cc(小さじ1)
(3〜4人前)

ビーフン(150〜200g戻す前)は戻しておきます。
茹でて5分、湯に浸して3分
(これはビーフンによって違うので包装裏面記載を見て)
150gの袋入りが多いのので1袋分。

ニンニク、ショウガ、葱のみじん切りを胡麻油で炒めます。
豚肉、お好みの野菜の千切りを入れて炒めます。
  タマネギ・人参・ピーマン・椎茸・キクラゲ
  もやし・ニラ・長葱・などなど、あるものでOK
塩コショウをして、麺を入れて炒め、
合わせ調味料を入れてさらに炒めます。
肉の変わりに、ベーコンでもイカやエビなどの海鮮物、
ハムなどでもいいですよ。
鶏肉でもいっこうにかまいません。

もうこれで出来上がりです。
| Comment(0) | 麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくめん:コンニャク料理

コンニャクで節約料理レシピ
09021912.DVC00007.JPG

愛媛県宇和島市周辺の郷土料理「ふくめん」
中は味をつけたコンニャク。
それを覆うように、魚のそぼろ、卵、葱が乗っています。
覆面からきているとも言われます。

コンニャクは、薄くスライスして細く切ります。
糸コンニャクを使う方もいらっしゃいます。
糸コンニャクなら、時間も節約出来る料理です。
画像 2374.jpg


ダシで煮て、砂糖、醤油で野菜の煮物より少し薄めの
味にします。(里芋やレンコンを煮るより薄い感じ)
しばらくおいて、味を含ませます。

魚のそぼろは(現地ではエソを良く使う)白身魚の身を
すり身にして、砂糖、薄口醤油で味を付けて
空煎り(油を引かずに鍋で炒め、細かくする)
半分は食紅でピンクにします。

卵は、黄身だけを使うようですが、私は全卵を使います。
卵も、砂糖、薄口、塩で味を付けて(卵焼きくらい)
空煎り、煎り玉子の粒の小さい感じのものにします。
もっと粒をそろえて細かくしたいときは、空煎りした卵を
金ザルで裏ごしして(あまり細かいのもダメ)
再び空煎り。

葱は刻んでおきます。

コンニャクのダシを切って、お皿に盛り付け
上記の4種を(そぼろ色違い2種として)
コンニャクを覆い隠すように盛り付けます。
(一番上の写真は、そぼろ1種の3色です)

1色は、みかんの皮の刻んだものを使うとも言われます。
エソなんていう魚は、とっても安い魚で
コンニャクも安い。
ダイエットにもいいですよ!

コロッケ

ボリュームがあって、安くて、ジャガイモがあれば
簡単にできるコロッケ。
主婦のお助けメニューですね。


この際、油の節約も考えてみましょう。

簡単コロッケ。
ジャガイモは皮を剥いて・・・皮まま茹でる・蒸す方法も
ありますが、剥いて茹でた方が早い。
茹で上がったら、ザルにあけて、湯を切り
もう一度鍋に戻し、粉吹き芋の要領で、更に水分を飛ばす。

マッシャーでジャガイモを潰します。

みじん切りしたタマネギ、人参、肉類(エビなどでも)を
塩コショウで炒めて、潰したじゃが芋に混ぜ
好みの味に調え、丸く成型します。

画像 2361.jpg


少ない油で揚げるには、俵型より小判型がいいですよ。
コロッケを揚げるときは、油の中にコロッケがすっかり沈んでいることが
大事です。
油の表面から顔を出していると、そこから中身が出てしまう。
なので
家庭で2,3人前を揚げるなら油を少なくして
油も節約したいですよね。
小判型なら
コロッケ揚げる.JPG

ほら、大丈夫でしょ!

ただし、少ない油で揚げるときの注意点
◆少ない油のときは、温度の調節に注意をはらうこと。
  直ぐに温度が上がりますので、中火で様子を見る。

◆ネタを入れると温度が4℃下がるといわれていますが、
  少ない油だと温度の下がり方が著しい。
  直ぐに温度が下がってしまいます。
  たくさんのネタを入れないで、少量ずつ揚げましょう。

◆面積の広いフライ鍋で、油が少ないと油の深さが足りません。
  少し面積の小さいフライ鍋を使いましょう。

画像 2366.jpg

コロッケとアジのソテー 
タグ:コロッケ

蕪(かぶ)と厚揚げの煮物

画像 2365.jpg


大根と並んで安くて美味しい蕪。
そして安くて美味しい厚揚げ。

肉じゃがを作るのと同じ味付けで!

蕪は皮を剥いて、櫛形に切ります。
厚揚げは、一口大に切り、熱湯をかけておきます。
豚バラも入れました。

全ての材料を鍋に入れて、水をひたひたに入れ
火にかけます。

砂糖・醤油で味を付けます。
画像 2360.jpg

少し煮て、蕪だけを取り出し器に入れて
レンジで1〜2分。
これで蕪が柔らかくなります。
(下茹でしたのと同じようになります)
鍋に戻し、また煮ます。
これは、時間短縮になります。


味を調えて、火を止め味を含ませます。
画像 2363.jpg


最後にキヌサヤ、三つ葉、春菊などを入れると
彩りよく出来上がります。
タグ: 厚揚げ
| Comment(0) | 煮物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タケノコ・人参中華炒め:余ったおせち素材で

画像 2350.jpg


余ったおせち料理の素材を使って!

【余った素材】ご家庭で余ったものでも良いですが、
スーパーや食品店で、年末商戦で大量に仕入れたものを
年明けに安く売られていることがあります。
タケノコの水煮、缶詰・袋詰め(水煮)や
金時人参などなど・・・

缶詰などは、長い賞味期限なので、直ぐに売らなくても
良いようなものですが、需要が無いので
放っておくとなかなか売れません。
在庫を早くさばきたいので、安く売ることがあります。

人参も金時は、需要が減りますので低温保存してあったものも
市場放出します。

これを使わない手は無い。


人参、タケノコ、豚肉を千切りにして
チンジャオロースーのように中華風に炒めました。


フライパンに胡麻油とニンニク、ショウガ、葱(各みじん切り)
赤唐辛子を炒め、香りが出たら
下味を付け、片栗粉をまぶした豚肉を炒めます。
人参、タケノコを入れて更に炒めて
酒、砂糖少量、醤油で味付けします。



年末・年始商品が放出される時期です。
良く見るとお買い得なものがありますよ。

切り昆布の煮物

画像 2348.jpg
切り昆布と厚揚げの煮物。

生の物、乾燥物とあります。

昆布は、それだけでダシが出ますね。
淡白なものですから、物足りないと思ったら、
たんぱく質と一緒に煮るといいですよ。
豚肉・鶏肉・・・こんな脂っこいものでなくても
厚揚げとか油揚げ、もっとあっさりしたところで
大豆(先に味をつけて、そのダシで煮る)なんかもいいですよ。


前述したように、煮すぎると昆布がクタクタになってしまいますので、
厚揚げにしても大豆にしても、先に味を付けておいて、
十分味が染みたところで、切り昆布を入れて
(乾燥物はしっかり戻して)煮ると良いです。

お盆やお彼岸、法事などに使うときは、
肉魚類は使えません。
カツオ節や煮干も厳密には使えないのです。
最近は、気にしないことも多いですが・・・。
昆布だけでも、美味しいものです。

カツオなどの(肉も含めて)動物性のダシが少し入るだけで
コクの有る煮物になります。
あくまで、旨味を足すくらいで。

手早く煮るのがコツです。
後は、火を止めてじんわり味を含ませましょう。

画像 2347.jpg
| Comment(0) | 煮物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。