スポンサードリンク

隼人瓜:ハヤトウリ料理レシピ

3個で100円、4個で、いや5個で100円。
ハヤトウリ、安いです。
画像 2142.jpg


大正5年に緑種が、大正13年に白い種類が渡来。
原産は中米。

1つの実に1個の種。
1本の苗で100個の実が成ることから
センナリウリとも言われる。

個人的には、炒めるのが一番美味しいように思う。
炒め物のほかに、煮物、漬物にする。

先ず、実を二つに割りますが、
画像 2146.jpg

画像 2145.jpg

下の写真の方向で切る。
ハヤトウリ1.jpg

画像 2161.jpg

中の種(1個)を取り除きます。

皮が硬いときは、剥いた方がいいですが、
通常は普通に食べられます。

短冊・拍子木・千切りなどにして炒め物に。
煮るときは、お好きな大きさでOK。
冬瓜を煮るように。


参照⇒  ハヤトウリ料理



| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。