スポンサードリンク

焼き山芋レシピ

山芋には、長芋のようにすりおろすとサラサラしたものと、
おろした端をつまんで持ち上げると全体が持ち上がってしまうほど
粘りの強い芋があります。

焼き山芋は、粘りの強い山芋が適しています。
つくね芋・自然薯などがそれです。
山芋焼き101125-4.jpg

つくね芋.JPG



栽培が盛んになり、ずいぶん安くなりました。
自然薯は、さすがにまだまだ高価ですが、
下の写真のつくね芋は、大人の握りこぶしほどの大きさですが、
一個200円なんてこともあります。


すりおろして、出汁でのばしてとろろ汁も良いですが、
おろしたそのままに、醤油・塩で薄く味付けして
フライパンで焼いてみましょう。
お好み焼きの小麦粉が無い状態です。

中に、エビなどの魚介や野菜を入れるとより美味しくなります。
山芋焼き101125-1.jpg


広げて焼くだけです。
魚介を入れる場合は、お好み焼きでも、十分火は通りますから大丈夫ですが、
心配なら、中まで火が通るように蓋をしたり、
あらかじめ火を通したものを入れると良いですね。

野菜だけの場合は、うまみを足す意味で濃い目のカツオ出汁を
少量入れたり、市販の顆粒出汁を混ぜても良いと思います。
野菜で増量!節約節約!!
沢山の具を入れると、栄養的にも良くなりますね。

山芋を2つに分けて、2枚焼き(ホットケーキのように)
間にチーズを挟んで2枚をあわせる・・・ということも出来ます。


山芋焼き101125-3.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。