スポンサードリンク

ニンジンのきんぴら

ニンジン

ニンジンには主に洋ニンジンと和ニンジン(金時ニンジン)が
ありますが、需要の少なくなった金時ニンジンは
年が明けると安くなります。
画像 4118.jpg


安いだけではなくて、金時ニンジンは
もちろん火の通し方次第ではありますが、
意外とシャキシャキ感が残ります。

作り方は、きんぴらごぼうと全く同じ。
画像 4138.jpg

こんなふうに切ります。
新タケノコの根元部分と、キクラゲを入れました。

味付けは甘みを少し控えても、ニンジン自体が甘いので
大丈夫というか控えめが良いかも。

油を引いて、鷹の爪(唐辛子)を炒め、
材料を入れてさらに炒めて、
砂糖、酒、醤油で味付けします。

何時までも炒めていると、シャキシャキ感が無くなって
そのうちポロポロ切れ切れになってしまいますので、
手早く調理するのがコツです。
画像 4141.jpg


カロテン(カロチン)は油と一緒に摂取すると、
吸収が良いといいますから、栄養面でも
オススメの一品です。
| 炒め物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。