スポンサードリンク

ニンジンのきんぴら

ニンジン

ニンジンには主に洋ニンジンと和ニンジン(金時ニンジン)が
ありますが、需要の少なくなった金時ニンジンは
年が明けると安くなります。
画像 4118.jpg


安いだけではなくて、金時ニンジンは
もちろん火の通し方次第ではありますが、
意外とシャキシャキ感が残ります。

作り方は、きんぴらごぼうと全く同じ。
画像 4138.jpg

こんなふうに切ります。
新タケノコの根元部分と、キクラゲを入れました。

味付けは甘みを少し控えても、ニンジン自体が甘いので
大丈夫というか控えめが良いかも。

油を引いて、鷹の爪(唐辛子)を炒め、
材料を入れてさらに炒めて、
砂糖、酒、醤油で味付けします。

何時までも炒めていると、シャキシャキ感が無くなって
そのうちポロポロ切れ切れになってしまいますので、
手早く調理するのがコツです。
画像 4141.jpg


カロテン(カロチン)は油と一緒に摂取すると、
吸収が良いといいますから、栄養面でも
オススメの一品です。
| 炒め物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーヤチャンプル

ゴーヤ炒め100511-1.jpg


ゴーヤは縦2つ割にして、種とワタを取ります。
スプーンで取ると簡単に取れます。
2〜3ミリの半月にスライスします。
ここで塩を少々振っておきます。
彩りに赤パプリカやニンジンなども同じ厚さにスライス。

卵を割っておきます。

フライパンに油を引いて、豚肉スライスを炒め、
ゴーヤと他の野菜を入れて炒めます。
豆腐もちぎって入れます。
本場では、スパムというランチョンミートを使いますが、
ハムでも、ベーコンなどでも良いと思います。


スープかお湯を少々、醤油少々を入れて炒め、
卵を入れて軽くほぐし、あまり混ぜないで
両面炒めるように返します。

器に盛って、鰹節をかけます。



焼肉のタレや麺つゆを使って味付けすると
簡単に出来ます。
焼肉タレ味のゴーヤ炒めも、なかなか良いですよ。
麺つゆは、こういうものの炒め物には、最適ですよ!
お試しください。


ゴーヤは、夏の最盛期には、とっても安くなりますし、
栄養価も高いし、
この苦味が食欲をそそりますね。


簡単、回鍋肉:ホイコウロウレシピ

画像 2692.jpg

春キャベツを使って、簡単回鍋肉。

豚バラ肉は、厚さ5ミリ5センチ角くらいに切る。
焼肉用に売られている豚バラ肉で十分です。

キャベツは5センチ角くらいのざく切り。

長葱は1センチ幅の斜め切り(笹切り)
たいていのレシピには、長葱を入れるとありますが
無くてもかまいません。
ただ最初、油に葱とニンニク、ショウガの香りを付けるときには
あるほうがいいです。
お好みでニンジンの幅広短冊。
赤は食欲を増す色ですから、入れるといいですよ。


中華鍋をよく熱しておきます。
胡麻油を中華鍋に入れて、
ニンニク、ショウガ、長葱の各みじん切りを
炒めて、香りが出たらニンジン、豚肉を入れます。
ほぼ炒まったら、キャベツを入れてしんなりしたところへ**
豆板醤、テンメンジャン、醤油で味付けします。
あらかじめ、3種の醤を合わせておくと良いでしょう。
画像 2690.jpg


中華の基本、終始強火で手早く炒めます。

胡麻油を最後に垂らして出来上がりです。

**
新キャベツは、しんなりさせすぎず、パリッとしたところが
残っているくらいが美味しい。

あまりこだわらず、豚肉とキャベツの炒め物・・くらいに思って
気軽に作りましょう。

マーボー春雨

画像 2607.jpg


春雨も、安くてボリュームも出せて、お助け食材。
サラダに、煮物に、炒め物に・・いろいろ使えます。

マーボー春雨。
ピリッと唐辛子を利かせると、ご飯にも良く合います。

春雨は、袋の裏に戻し方が印刷されていますので、
それを参照してください。
品物によって太さなどが違いますので戻す方法も
時間も若干違います。

とりあえず戻して置きます。

中華鍋に(フライパンで可)炒め油と胡麻油を入れて、
ニンニク、ショウガ、葱のみじん切りを炒め、唐辛子を入れます。
または、豆板醤。
両方入れてもOK、辛味の加減を・・・。

挽肉(豚、または合挽き)を炒め、
千切りにした野菜
椎茸、タケノコ、人参、タマネギ、キクラゲ・・などを
炒めます。

中華スープを入れて、砂糖・醤油で味付けします。
これに戻した春雨を入れて、さらに炒めて、
味をみます。

水溶き片栗粉でトロミを付け、最後に胡麻油を数滴垂らして
出来上がりです。


野菜は、炒め物に使えそうならなんでもかまいません。
唐辛子や豆板醤で辛くしますが、辛さが増すほど
少し甘めにしておくと良いと思います。

タケノコ・人参中華炒め:余ったおせち素材で

画像 2350.jpg


余ったおせち料理の素材を使って!

【余った素材】ご家庭で余ったものでも良いですが、
スーパーや食品店で、年末商戦で大量に仕入れたものを
年明けに安く売られていることがあります。
タケノコの水煮、缶詰・袋詰め(水煮)や
金時人参などなど・・・

缶詰などは、長い賞味期限なので、直ぐに売らなくても
良いようなものですが、需要が無いので
放っておくとなかなか売れません。
在庫を早くさばきたいので、安く売ることがあります。

人参も金時は、需要が減りますので低温保存してあったものも
市場放出します。

これを使わない手は無い。


人参、タケノコ、豚肉を千切りにして
チンジャオロースーのように中華風に炒めました。


フライパンに胡麻油とニンニク、ショウガ、葱(各みじん切り)
赤唐辛子を炒め、香りが出たら
下味を付け、片栗粉をまぶした豚肉を炒めます。
人参、タケノコを入れて更に炒めて
酒、砂糖少量、醤油で味付けします。



年末・年始商品が放出される時期です。
良く見るとお買い得なものがありますよ。

茎ワカメの中華風炒め煮

茎ワカメ炒煮.jpg


茎ワカメは、柔らかい、いわゆるワカメを取った中央の部分です。
06051417.DSCF0220.JPG

07011110.DSCF1599.JPG

これで、100円くらいです。
塩蔵品として売られています。
2日間くらい、水を替えて塩抜きします。
産地や海岸近くの町では、生の物も出ることもあります。

07011207.DSCF2116.JPG

こんな風に切ります。

切った茎ワカメを、胡麻油で炒めて、砂糖、醤油で味付けします。
白胡麻を振って出来上がりです。
タカノツメ(唐辛子)を入れて、煮詰めたものにすると、
保存が利きます。
タグ:茎ワカメ

カタクチイワシのトマトソース炒め

カタクチイワシを唐揚やフリッターにして
トマトソースで絡めた一品。
画像 1867.jpg


画像 1871.jpg

画像 1870.jpg

トマト・チリソース・ケチャップ・タマネギみじん切り、
ニンニクみじん切りを炒めてソースにします。
塩コショウで調整。


画像 1869.jpg

カタクチイワシは頭と腹を取って、薄塩をして唐揚かフリッターにします。

これを作っておいたソースに絡め煮にします。
衣が剥がれ落ちないように、さっと仕上げます。

天盛りに白髪ネギ、刻みネギなど。

安くて、栄養満点のカタクチイワシです。

隼人瓜:ハヤトウリの炒め物

画像 1761.jpg
隼人瓜:ハヤトウリ
早いところでは秋口から出回ります。
10月11月頃がピークで値段もとても安い。
3個で100円くらいで売られています。

漬物、煮込み、スープなどけっこういろいろ使えます。

ハヤトウリの炒め物です。
ハヤトウリは、若いときは皮のまま、
成熟したものは、皮を剥いて
短冊やスティック状に切ります。
豚肉・牛肉・鶏肉なんでもかまいませんので
同じように絲(スー)に切ります。

これを炒めるだけです。
炒め油、胡麻油など・・。
唐辛子とニンニクスライスを炒め、肉と
ハヤトウリを入れた更に炒め、塩コショウします。
仕上げに醤油少々で香りをつけて出来上がり。

画像 1772.jpg

ジャガイモきんぴら風

ジャガイモ、タマネギ、ニンジン
この3種は、和風にも洋風にも・・
主婦の力強い買い置き万能野菜ですね。

画像 1716.jpg


ジャガイモは、3ミリくらいの棒状に切って
水にさらします。
上面のデンプンを取っておかないと
炒めたときに粘つきます。

彩りにニンジンを同じように切ります。
肉も同様、何でもいいです。

これを油で炒めて、塩コショウで炒めます。
長く炒めすぎると、崩れてしまいますので
火はしっかり通っているが、崩れる前で
火を止めます。

胡麻油も香りが立っていいですよ。
白胡麻・黒胡麻いずれかを振ります。
黒胡麻は、混ぜすぎると汚い色になりますので
仕上げに振るくらいでいいですね。

少量の醤油を落とすと香ばしくなります。

画像 1715.jpg

厚揚げ・焼き豆腐で麻婆豆腐

画像 1410.jpg


焼き豆腐は、水分を抜いているので
料理法によっては重宝します。
以前の記事にも書きましたが、
まさに麻婆豆腐には、便利ですよ。

「柔らかい豆腐で作るのが良いのよ!」
とおっしゃる方もいらっしゃいます。
確かに、崩れる豆腐が、また美味しさの一つです。


焼き豆腐・厚揚げは、豆腐に比べて
“安い!!”
そして
“扱いやすい!!”
少々のことでは崩れません。

沖縄料理のゴーヤチャンプルーなどのような
炒め物に入れる時は、とっても便利なのです。

そこで、焼き豆腐を使って麻婆豆腐を
作ってみました。

作り方は、通常の麻婆豆腐となんら変わりません。


厚揚げも、揚げた表面にタレやダシが
絡みやすくていいですよ。

ふわふわの麻婆豆腐もいいですけれど
厚揚げ・焼き豆腐を使って作ってみては!
しっかりした食感もなかなか良いものですよ。

キュウリのナムル

キュウリも一年中ある野菜になってしまいましたが、
やっぱり夏ですね。
お味噌を付けて食べるだけでも美味しい。

最盛期になると一箱30本くらい入って
200円なんてこともあります。
お百姓さん、ごめんなさい!

キュウリのナムルです。
画像 1193.jpg


キュウリを細切りして
炒めたものです。

細切り肉やニンジン、きくらげなどを入れて、
ニンニク、唐辛子で炒め、
塩コショウ、醤油で味付けします。
油はもちろん胡麻油がいいですよ。

画像 1192.jpg

胡麻を振って仕上げます。

安いキュウリを使った料理も
これから次々アップします。

夏野菜のオイスターソース炒め

夏野菜のオイスターソース炒め。
野菜の炒め物って、お肉や魚介類を入れないと
なんだか旨味が出ないんじゃないかって
思います。
確かに、入れたほうが肉や魚介から
旨味が出て美味しいですが、
オイスターソースがあれば、
野菜だけでも、美味しく出来ます。
画像 775.jpg


夏野菜
ズッキーニ、オクラ、ソラマメ、ピーマン
アスパラガス、パプリカ、トマト、ナス
ゴーヤ、コーン、カボチャ・・

今回は、ズッキーニ、ピーマン、ソラマメ
タマネギをチョイス

それほど火のとおりにムラがあるものではないので、
ほぼ同時に入れていためたので問題はありません。
材料によっては、時間差を使ってください。
(先にニンニクをいためておいてもいいですよ)

油で炒めて、塩コショウをして(少し薄めに)
最後にオイスターソースを加えて
絡ませれば出来上がりです。

画像 776.jpg

大根の皮きんぴら

大根皮のきんぴらです。
冬の大根は、柔らかくて皮の下のスジが柔らかいものが
多いのですが、そのほかの季節の大根は、
スジっぽい。
そんな大根の皮を、そうでない大根の皮も
きんぴらには、もってこいなのです。
皮は、厚めに剥いて千切りしましょう。
何かに使うために剥いた皮を取っておきましょう。
皮は、しっかりしているので、トロトロにならず
しゃきしゃきした食感がいいですよ。
画像 644.jpg

彩のニンジンや、赤のパプリカなどと一緒に
油(ごま油+サラダ油)で炒めて、
酒、砂糖、醤油、唐辛子で味付けします。
画像 641.jpg


たくさん調味料を入れると、佃煮みたいになりますから
様子を見て足すようにしましょう。
画像 642.jpg

白ゴマを振って出来上がりです。

皮のような野菜クズをためておくといいですね。
水分を取って、袋かタッパで保存します。

大根、ニンジン、ウド、カブなどが
利用できますね。

回鍋肉:ホイコーロー、増量編

増量・回鍋肉:ホイコーローです。

豚コマ肉が安かったので・・・。
画像 584.jpg

ホイコーローは回鍋肉って書くように、
一度ゆでた肉をスライスして、鍋に戻す(回)料理。
家庭では、スライス(厚切り)した肉を
直接使いますよね。
画像 578.jpg

安売りでg88円くらい。

特売だったのでg68円でした。


画像 581.jpg

豚コマ肉を広げ、薄塩をして小麦粉を振って
二つ折りにします。
これを小麦粉をまぶして、
片栗粉と小麦粉半々の衣で揚げます。
分厚そうな肉風になりました。

中華鍋(フライパン)に油を敷いて
ニンニク、生姜、葱みじん切り、豆板醤を炒めます。
ニンジン、タケノコ(増量品)キャベツを入れて
炒め、揚げた肉を入れます。
さっと炒めたら中華スープを入れて、
甜面醤、醤油、砂糖で味付けします。
水溶き片栗粉で絡めたら出来上がりです。

画像 579.jpg
増量したタケノコです。
タケノコスライス、なかなかいけますよ!

ジャガイモ玉子マヨネーズ炒め

画像 560.jpg


ジャガイモとニンジンを5ミリくらいに
切って、水にさらしておく。
豚肉あるいはベーコンも同じように切る。

肉(ベーコン)を炒め、ジャガイモ、ニンジンを炒める。
火が通りにくいので、フライパンを振りながら
じっくり火を通す。
あまり弱火だと、粘りが出るので中火〜強火で
フライパンと火の高さを調整しながら炒める。

画像 557.jpg

ほぼ火が通ったら、塩コショウをします。
溶いて塩で下味をつけた玉子をまわしかけ、
半熟状態のときにマヨネーズを投入。
画像 558.jpg

マヨネーズを入れたら、さっと絡めて
出来上がりです。

画像 559.jpg


画像 561.jpg

なんちゃって!酢豚

画像 542.jpg


高野豆腐を水で戻し、よく絞ります。
卵を溶いて、玉子焼きの味付けをします。
絞って高野豆腐をちぎって玉子に浸します。
画像 492.jpg


これを油で揚げます。
画像 494.jpg

画像 495.jpg


後は、酢豚の要領です。
画像 539.jpg

画像 543.jpg




タケノコも晩春から

初夏にかけて

とっても安いですから

どんどん使いましょう。


キュウリとベーコンの炒め物

画像 466.jpg



安いキュウリを見つけたら

炒め物はいかが?

塩コショウだけの

簡単料理ですが、

ごま油を使うと

ナムルっぽくなります。


画像 440.jpg

今日の安かった物。
キュウリは12本で198円でした。

キュウリとニンジン、ベーコンを
千切りにします。
フライパンに油を引いて、
ニンジンとベーコンを炒めます。
画像 461.jpg画像 464.jpg

キュウリを入れたら、塩コショウを入れて、
強火で一気に仕上げます。

キュウリ1本1人前くらいです。
画像 465.jpg


チンジャオロースー風

画像 397.jpg


この時期、タケノコがどこからとも無く
届きます。
そうでないご家庭も、これからタケノコは
日を追うごとに安くなります。
これを使わなくては・・・。
ニンジン、パプリカで彩りよくしてください。
(ニンジン無かったのです)

青椒肉絲はピーマンのお料理なので
肉は脇役。
脇役なら徹底的に脇役になってもらいましょう。
青椒竹輪絲なのです。
「ちくわ」3本入って68円。
ピーマンも、暖かくなるともっと安くなりますから。
ちくわは、冷凍できますから
安いときに何個か買っておくと便利です。
カルシウムも多いのだよ。

◆タケノコ料理

タケノコの選び方:タケノコ見分け方


タラの芽・タケノコ天ぷら


タケノコきんぴら木の芽風味


菜の花・春タケノコ・生ハムのパスタ


タケノコ下処理:タケノコ料理 料理・煮物

タケノコのゆで方


タケノコ木の芽和え

春野菜の盛り合わせ

焼きたけのこ

麻婆タケノコ

ホワイトソースの作り方

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。