スポンサードリンク

焼き山芋レシピ

山芋には、長芋のようにすりおろすとサラサラしたものと、
おろした端をつまんで持ち上げると全体が持ち上がってしまうほど
粘りの強い芋があります。

焼き山芋は、粘りの強い山芋が適しています。
つくね芋・自然薯などがそれです。
山芋焼き101125-4.jpg

つくね芋.JPG



栽培が盛んになり、ずいぶん安くなりました。
自然薯は、さすがにまだまだ高価ですが、
下の写真のつくね芋は、大人の握りこぶしほどの大きさですが、
一個200円なんてこともあります。


すりおろして、出汁でのばしてとろろ汁も良いですが、
おろしたそのままに、醤油・塩で薄く味付けして
フライパンで焼いてみましょう。
お好み焼きの小麦粉が無い状態です。

中に、エビなどの魚介や野菜を入れるとより美味しくなります。
山芋焼き101125-1.jpg


広げて焼くだけです。
魚介を入れる場合は、お好み焼きでも、十分火は通りますから大丈夫ですが、
心配なら、中まで火が通るように蓋をしたり、
あらかじめ火を通したものを入れると良いですね。

野菜だけの場合は、うまみを足す意味で濃い目のカツオ出汁を
少量入れたり、市販の顆粒出汁を混ぜても良いと思います。
野菜で増量!節約節約!!
沢山の具を入れると、栄養的にも良くなりますね。

山芋を2つに分けて、2枚焼き(ホットケーキのように)
間にチーズを挟んで2枚をあわせる・・・ということも出来ます。


山芋焼き101125-3.jpg

簡単、山芋生地のピザ

生地が山芋だとは、とても思えないピザです。
ピザ生地を作るのは、結構面倒。
山芋を擂って、小麦粉を混ぜて、塩を少々。
これをフライパンで焼けば、簡単ピザ生地の出来上がりです。

画像 2211.jpg

お好みのトッピングをして焼けば出来ます。


山芋を擂ります。
粘りのあるものでも、長いもでもかまいません。
粘りのある芋の場合は、少し濃いので、少し水を入れます。
長いもの場合は、そのまま使います。
これに、塩少々を入れて、小麦粉で
流れる程度の硬さにします。

これをフライパンに丸く薄く伸ばして両面焼きます。
画像 2198.jpg


これに、トマトソースを塗って
画像 2199.jpg


お好きなものをトッピングします。

チーズをたっぷりのせて焼きます。
画像 2200.jpg

タケノコ料理レシピ:タケノコを白身や肉で巻いて

画像 4127.jpg


タケノコ料理もたくさんありますが、
煮物にするのがほとんどではないでしょうか?!
豊作の年は、とっても安くて、知人から貰ったりすることも
ありますね。
煮物だけでは、飽きてきます。

タケノコ天ぷらタケノコサラダにも出来ますし、
タケノコの佃煮などにしておくと、常備菜にもなりますね。
酢豚も旬のタケノコを使えば、とっても美味しい。
また、豚肉と細切り下タケノコと炒めても美味しいですよ!

タケノコの佃煮のところで切ったように
タケノコの繊維に平行に細く切ります。
これを塩コショウで炒めます。
彩りを良くするために、アスパラやニンジンなどを
一緒にいためると良いでしょう。
塩コショウをします。

白身魚は三枚におろして、薄い切り身にします。
長めにスライスしておくと良いでしょう。


炒めたタケノコを白身で巻いて、小麦粉を振って
オイルでソテーします。
巻き終わりのところを先に焼くと、バラけることなく
綺麗に焼けます。
心配なら、楊枝で留めておくと良いです。

くるくる回しながら焼きます。
中身のタケノコは火が通っていますので、白身が
こんがり焼ければOKです。

ジャガイモのガレット・レシピ

ジャガイモのガレット

家庭の常備菜、ジャガイモを使って、簡単ガレット。
画像 2617.jpg


ガレットは、元々そば粉と水、塩だけで焼いたクレープのようなもので、
これにソーセージを挟んだり、チーズを入れて折り曲げて焼いたりと
家庭の簡単な料理。

ジャガイモのガレットは、今ではずいぶん豪華なものに
なっていますが、ジャガイモの千切りを焼いたものと思えば
良いかと思います。

◆簡単ジャガイモガレット
ジャガイモは薄くスライスして千切りにします。
卵をつなぎのように入れる人もいますが、
ここでは、シンプルなガレットを作ります。

千切りしたジャガイモに塩コショウして片栗粉を入れます。
ジャガイモ2個に片栗粉大さじ1杯くらい。
これをフライパンで焼けば出来上がりです。

◆具財を入れて
あまりにシンプルなので、ジャガイモと一緒にベーコンや
チーズ、ソーセージなどを入れるとより美味しくなります。

◆卵を使って
卵を使ったものは、少し厚めに(お好み焼きくらい)焼いて
切り分けることも。

◆ソースを添えて
ケチャップ:トマトソース、お好みのディップなどを添えてもいいですね。

いももち作り方レシピ:ジャガイモ料理

「いももち」は北海道の郷土料理といっても良い。

画像 2511.jpg
ベーコンを使って、ソースはトマトソースをホワイトソースでのばしたもの。

基本は、焼いて砂糖と醤油のタレを絡めて海苔を巻いたもの。

ジャガイモは皮を剥いて茹で、潰します。
その中にジャガイモの量の10%程度の片栗粉を入れて(熱いうちに)
良くこねます。
粘りが出るほどこねて、丸めてフライパンで焼きます。

タレを絡め海苔などを巻いていただきます。
冷めても柔らかいのが「いももち」です。


応用として、潰したときにバターを混ぜる。
チーズを混ぜて焼いたり、信州名物「おやき」のように
中に具を詰めて焼けば、いろんなバリエーションの
「いももち」を楽しめます。

画像 2524.jpg
塩茹でしたエビを貼って焼いたいももち。

茹でて片栗粉を混ぜて焼くだけ。
安くて簡単、節約料理そのものです。
タグ:いももち

ナスのチーズ焼き

画像 1272.jpg


参照⇒ナスとズッキーニのチーズ焼き
の5分で出来る簡単バージョン

ナスは輪切りにします。
(縦切りでもいいですが、輪切りの方が
 繊維を短く切るので、食感が良いと思います)
皮付きでも、皮を剥いてもいいです。
水にさらした後、

トマトソース、ナス、チーズと交互に
重ねて、最後にチーズをたっぷりかけて
レンジで強4〜5分。
チーズが溶けたら、ガスレンジのロースターに入れて
焦げ目が付いたら出来上がりです。

ナスに味付けをしていませんから
トマトソースは、しっかり目に味を付けておきます。
重ねるときに、少量の塩とコショウをするなど。
画像 1275.jpg


味を決めるのは、トマトソースと
チーズです。
トマトソースは、市販のものでかまいませんが、
酸味が強いものが多いので、
タマネギのみじん切りや少量のみりん
などで和らげておくといいかもしれません。
チーズで酸味はずいぶん柔らかくはなります。

魚介類を一緒に入れるとぐんと上手さがアップ。
魚介は、下ゆでなどの処理をしましょう。
魚介も生のままでは、生臭くなります。

イタリア風お好み焼き

画像 1237.jpg


お好み焼きって、好きなものを入れられるので
お好み焼きって言うのでしょうか?
それはともかく、中はキャベツとタマネギスライス
ベーコンが入ってます。

ベーコンを焼いておいてキャベツ入りの
お好み焼きのタネを広げて
両面焼きます。

画像 1236.jpg


焼けたら、トマトソースを一面に塗って
その上にチーズを載せてオーブンで焼き、
チーズが溶けたら出来上がり。
オーブンがなければ、レンジでもOK。
バジルとイタリアンパセリをトッピング。
トマトスライスやピーマン、パプリカ
などなど、お好きなものを載せて
焼いてください。
栄養価もぐっと上がります。
中の具も、お好きにどうぞ!

5分で出来る茄子の田楽

画像 1229.jpg

茄子-1.jpg
茄子は何でもいいです。

一般的な黒陽茄子なら

こんな風に縦2枚
(厚み2〜3センチ)に

切るといいですね。

切り口のサラダ油を

塗っておきます。

米ナスなら

輪切りがいいでしょう。



フライパンに薄く油を引いて
茄子を並べて両面焼き目が付くくらい
焼きます。
中まで火が通るか心配なら
最初のうちは、水を少量入れて
蓋をし、蒸し焼きにするといいですよ。
その後、こんがりと焼きます。

画像 1228.jpg

本当は、ここで味噌を塗って
焼く(直火)といいのですが・・・。

焼きあがったものを器に並べて
あらかじめ作っておいた田楽味噌を
鍋で温めて、茄子の上に塗って
胡麻を散らします。

安くて美味しい夏の茄子、
たくさん食べてね!

参照⇒ 田楽味噌・玉味噌1
      田楽味噌・玉味噌2

ズッキーニの豚コマ巻き

画像 988.jpg


ズッキーニは、出始め(初夏)の頃は
まだちょっと高めですが、梅雨も終われば
どんどん安くなります。
炒め物やパスタなどいろんな料理に使えますが、
豚こま肉を巻いて、焼いてみました。
安い食材で作ったとは思えない出来上がりですよ。

画像 987.jpg


ズッキーニは、1本を上下に2分して
それを縦にスティック状に切って
硬めにゆでておきます。
画像 994.jpg


水気を切って、小麦粉を薄くまぶして
豚こま肉を巻きつけます。
こま肉ですから、1枚は小さいですが
つぎはぎに巻いてのでいいです。

巻けたら、小麦粉を付けてフライパンで焼き
そのフライパンのまま(脂が出ていたら捨てて)
ニンニク、砂糖、醤油でタレを作り
転がして絡めます。

あるいは、塩コショウで焼いてもいいですね。


輪切りにして盛り付けます。

ズッキーニのほかに、安売りのインゲン
アスパラ、オクラなどでも出来ます。
夏野菜の豚こま焼き・・・お試しください。

豆腐でうなぎの蒲焼

08112819.DVC00007.JPG


豆腐で作った、うなぎの蒲焼に見立てた料理。

豆腐をゆでて、ザルにあけ、水を切って
さらに、布巾で包み絞ります。
十分に水気を切ったら、すり鉢で細かくするか
フードプロセッサーでペーストにします。

つなぎは無くても大丈夫ですが、
レンコンやジャガイモを擂って絞ったものを
加えると、少し粘りが出て食感も良いですよ。
味を付けるほどでもないですが、少しだけ塩味を
つけておいたほうがいいですね。
塩を感じるか感じないかくらい。

08112819.DVC00005.JPG


海苔を三等分の切って、その上にペースト状の
豆腐を1センチくらいの厚みに塗り
ナイフなどで写真のように模様を付けます。
海苔の幅より控えめに塗ります。
両サイド1センチくらい残しておくくらいが
いいです。
海苔が縮んで、写真のようにはみ出してしまいます。
(それが気になれば・・ですけど)


これを静かに油に入れて揚げます。
表面が少しキツネ色になったら、端を挟んで
引き上げ、フライパンで照り焼きします。
砂糖、醤油、みりんでうなぎのタレ風を作り
これで「鍋照り」にします。

鮭のハンバーグ

09022822.DVC00009.JPG

鮭のアラを使ってハンバーグ。
鮭の中骨や腹骨の部分、カマ、頭、尻尾などが
入ったパックが時々売られています。
「1パックいくら?」ってそれぞれ違うでしょうが
切り身のg単価の半分にはなっていますね。
1匹分のアラが入って200円なんていうのも
あります。
お買い得ですね。
しかも、腹骨、中骨、頭、カマ・・・と
鮭の一番美味しいところばかりじゃありませんか。
粕汁にしたり、鍋にしたり出来ますが、
子供やお年寄りも安心して食べられるように
ハンバーグにしてみましょう。
〜〜安い分、ちょっとだけ手間をかけてね〜〜

スプーンでアラの身をこそげ取ります。
皮もはずして、身だけにします。
まな板の上にアラを置いて、こそげます。
中骨の身は、簡単に取れます。
包丁でたたいて細かくします。
画像 061.jpg

これにタマネギみじん切りとパン(牛乳に浸す、またはパン粉
)を良く混ぜて塩コショウします。
ナツメグを入れてもいいですよ。
鮭が塩物なら、塩は要りません。
良くこねます。

鮭のタネが出来たら、小判型に丸めて、
フライパンで焼きます。
表面をかりっと強火で焼いたら、弱火で
じっくり中まで火を通します。

06080810.DSCF0765~1.JPG

06080810.DSCF0766~1.JPG

鶏のソテーのサラダ

画像 947.jpg



鶏もも肉に

塩コショウをして

フライパンで

ソテーします。


生野菜は、お好きなものを用意。
サラダ菜、レタス、タマネギ、トマトなど
茹でた夏野菜
アスパラ、ソラマメ、オクラ(これは生でも)
コーン・・・
生菜とソテーして切った鶏肉を重ねて
盛り付け、
オリーブオイル、塩コショウで味を調えた」
ドレッシングをかけていただきます。

だし巻き玉子:ニラだし巻き玉子

だし巻き玉子
高くなったと言っても、玉子は
栄養価が高く、値段の安い優秀食材。

だし巻き玉子は、
ダシの量と玉子の量によって
味が変わってきますし、柔らかさも
変わります。
当然、ダシが多くなれば焼きにくくなります。
画像 802.jpg

ニラを入れてだし巻き玉子にしました。
細かくしたニンジンや葱、そのほか野菜を入れて
巻くと「千種ちぐさ焼き」。

ダシの量は、玉子の1/2量くらいまで。
それ以上になると非常に巻きにくいので
家庭ではちょっと骨を折るかも・・・。
画像 803.jpg

玉子の溶き方や味付けなど、いろいろ方法は
書かれていますが、
私流で・・・。

玉子とダシの量は1:2
良く溶いて使います。
塩、薄口醤油、酒、砂糖で味付けします。
吸い物より少し濃くて、甘みが感じられる味。
一番良いのは、大まかに味付けした後(控えめに)
少しだけ焼いてみて、食べてみる。
これに越したことはありません。
冷めると塩味をより感じますから、それを考慮。

ふわふわで、冷めてもダシがにじみ出てこない
だし巻き玉子を焼くには、
あまり混ぜない(溶かない)・・という方法も
ありますが、私は、しっかり溶いて使います。
プロが良く使う方法として
片栗粉を水で溶いて、だし巻き玉子の生地に混ぜます。

片栗粉は底にたまりますから、お玉で
底からかき混ぜるようにしながら
流しいれて焼きます。

千種焼きなど、中に具材を入れるときは、
ダシの量を控えます。

上のニラ入りは、玉子6個にニラ1束分を
刻んで入れて(ゆでていません)
ダシが100gくらいにしてあります。


■栄養たっぷり、増量玉子

魚やエビのすり身を玉子で少しずつのばします。
玉子2:すり身1・・・これはどれくらいの割合でもOK

竹輪や蒲鉾をすり身上にして加えた玉子

高野豆腐を細かくして入れる卵焼き


などなど工夫して、季節の卵焼きを
お楽しみください。

おすし屋さんのぎょくは、
本来、季節の魚のすり身を混ぜて焼いたもの。
季節感のある玉子なのです。

豆腐とすり身のハンバーグ

お魚のハンバーグ、
アジやイワシなどで作りますが、
青魚はどうも・・・??といわれる方も
白身魚なら、食べられますよね。

白身魚のすり身を用意します。
クセの少ない白身魚なら何でもいいです。
すり身の製品でもいいですし、安い魚を
すり身にしてもいいです。
また、竹輪や蒲鉾などをつぶしてもOKです。

豆腐は水分を良く切ってつぶします。
ゆでて布巾で絞るとベストです。
硬い石豆腐を使えば、楽です。
また、焼き豆腐は水分が少ないので
意外と使えますよ!

画像 801.jpg


すり身と豆腐を混ぜてよく摺ります。(1:1くらい)
すり鉢を使うか、フードプロセッサー。
これにタマネギのみじん切りを加えて
塩、醤油、コショウなどで味付けし
丸めてフライパンで焼きます。
画像 795.jpg


和風のあんかけをソースにしてもいいですね。
また、トマトソースやデミグラスソースでも。
ナツメグを使うと、肉っぽい感覚を味わえます。

いろいろお試しください。

厚揚げオニオンマヨ焼き

グラタン風に厚揚げを使ったオーブン料理。
とっても簡単です。
この料理は、みぃさんレシピ
「春たまねぎのマヨネーズトースト」
をみて、厚揚げでも出来るかも??ってことで
作ってみました。

画像 490.jpg

画像 491.jpg


厚揚げは、一口大に切って塩コショウし、
フライパンでソテーします。
器に並べて、マヨネーズを塗り(しぼり)
櫛形に切ったタマネギを並べます。

画像 488.jpg

最後にタマネギの上からもマヨネーズをかけて
コショウをしてオーブンで焼きます。
オーブントースターでも、レンジのグリルでも
出来ます。
マヨネーズの上がちょっとキツネ色になれば
出来上がりです。
簡単でしょ!

ちょっと底に水が出ますが、気にしない気にしない。
ハムやベーコンなどを入れると
より美味しくなりますが、節約レシピってことで。

ふわふわ厚焼き玉子

画像 472.jpg


水で戻した高野豆腐の水気をしっかり切って
すり鉢で細かくします。
先に包丁で荒くみじん切りにしておくと楽です。

画像 470.jpg


高野豆腐は、卵焼きと食感が似ているので
少々粗くても大丈夫です。

画像 471.jpg


高野豆腐2丁、卵L3個、ダシ90ccを混ぜて
塩、砂糖、酒、薄口醤油で味付けして、
焼きます。

高野豆腐も卵も、安くて栄養価の高い
優等生ですね。

おからハンバーグレシピ

おからハンバーグです。
これも、ベタですが・・・。
以前の記事で書いた400g10円のおからを
使って、ハンバーグです。
画像 419.jpg
これだけ見たら、
全くハンバーグでしょ!

200gのおからに、卵2個、
塩、コショウ、ナツメグ、小麦粉スプーン1杯を入れて
よく混ぜます。
タマネギみじん切り200〜300g、少量のニンニクを炒め
冷めたら混ぜます。
嫌いなものを食べさせるために、ニンジンや
椎茸をみじんにして入れてもいいですね。
お肉は一切使っていません。

画像 411.jpg


これをハンバーグ型に丸めて、フライパンで焼きます。

画像 418.jpg


焼けたら
ウスターソース、豚カツソース、デミグラスソース
お好みで混ぜて、水かブイヨンで延ばし、
弱火で煮ます。

画像 420.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。