スポンサードリンク

こんなに安い!小エビのかき揚げ

画像 2753.jpg

小エビのかき揚げ


小エビと一口に言っても、地方地方でいろんなエビがあり、
値段もそれぞれ違いますが、
安いエビはあるものです。
季節も地域によってまちまちです。

一概には言えませんが、
おおむね小さいほど安い傾向にあります。
ちなみに西日本、特に瀬戸内海に多い↓このタイプ
画像 2745.jpg
この倍くらいの量で100円前後。
安いでしょ!
小さすぎて、剥き身に出来ない・・・見ただけで
手間ばかりかかりそうですね。
剥き身に出来ないということは、料理法が少なくなるわけですから
それだけ安いというわけ。

ともかく、炒めてダシにして野菜を一緒に煮るとか、
かき揚げにするか、佃煮にするか・・などなどです。

◆注意点
この手のエビは、砂やゴミが混ざっていることがあるので、
ザルなどで、とにかく良く洗いましょう。
ゴミを取り去るのと、エビから出た汁を洗い流すことで、
焦げすぎるのも防いでくれます。

画像 2751.jpg

彩りに三つ葉や春菊(菊菜)を混ぜます。
タマネギスライスなどを一緒に入れると、
もっと増量になりますね。
小麦粉をさっくりと混ぜておきます。

これに天ぷらの衣を入れて、ざっと混ぜます。

鍋肌から、スプーンなどですくって油に入れます。
パッ〜と散るようなら、ちょっと油の温度が高い。
箸で寄せます。
塊で沈むのは、温度が低すぎ。

参照
小エビのかき揚げを上手に揚げる

高菜レシピ

高菜
画像 2147.jpg


高菜は主に煮物・漬物にします。

◆生の高菜
高菜を煮物にするには、まず茹でます。
アクの強い野菜なので、水に半日くらいさらします。
若葉のときは、葉の芯の部分を柔らかいですが、
大きな葉になると、硬い芯のこともありますので、
茹でた後、下図のように切って芯の部分だけ
もう一度茹でてもいいでしょう。
画像 2147-1.JPG

さらしてざくざく切ってダシで煮ます。

ダシはカツオ・コンブの一番ダシでもかまいませんし、
煮干ダシでえもかまいません。

香川県では、高菜のことを「まんば:万葉」と言って
小エビを油で炒めたダシで煎り煮にします。

愛媛では、「じゃこてん」という魚のすり身を薄く小判型にして
揚げたさつま揚げのようなものと一緒に煮る方もあります。

田舎風に竹輪や蒲鉾などの練り製品と一緒に煮るのも美味しい。

味付けは、小松菜など葉物野菜を煮るときと同じで
みりん、醤油で煮ます。
ダシを利かせると、薄味でも美味しくいただけます。


◆漬物の高菜
高菜漬け、美味しいですね。
古漬けになって、少し酸味が出てきたころもまた美味しいものです。

刻んでご飯に混ぜたり
チャーハンの具として
パスタの具として

そのほか、炒め物の材料の一つとしてご利用できます。

大きな葉ごと漬けたもので、おにぎりを包んだ
「めはり寿司」も美味しい。
寿司飯や白いご飯で握ったお結びを高菜漬で包んだもので、
目を見開くほど大きなものだった、あるいは食べる時に
目を張って口を開けることから付いた名前だといわれる。
タグ:高菜
| Comment(1) | 煮物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単シーフードサラダ:フレンチドレッシング

タコ、イカ、エビ、貝類を使って、野菜たっぷりの
シーフードサラダ。

基本のフレンチドレッシングを使えば、
後は、材料を合わせるだけ!

画像 2674-1.jpg
ゆでだことタイラギ(貝柱)のサラダ
サラダセロリ、新タマネギ、トマト、サラダ菜
醤油を少し入れた和風ドレッシング。


タコはゆでたものでOK。
イカは短冊に切ってゆですぎないように気をつけて
火を通しておく。
エビもゆでておく。
そのほか、貝類もゆでて使います。
刺身用のホタテなどは、薄塩をしてスライスしても
かまいません。

野菜は、生で食べられるものなら何でもかまいません。
タマネギスライス、レタス、サラダ菜、セロリ
キュウリ、ニンジン、トマトなどなど・・・
野菜は、食感を同じようにするといいですね。

例えば、ほとんどスライスなのに、キュウリの角切りが
入っていては、食感が違いすぎますので
口のなかで最後までキュウリがごろごろすることに
なります。
サラダ菜やレタスなどは、薄い野菜ですから、幅広い
切り方でもいいわけです。

全てを合わせて、食べる直前にドレッシングをかけます。


◆基本のフレンチドレッシング
油2:酢1
で合わせます。
これに塩、コショウ、少量の砂糖を入れ味の調整をします。

これが基本。
油は何でも可。
酢も穀物酢、柑橘系、フルーツ系なんでもかまいません。
酸っぱさがそれぞれ違うので、味を見ながら入れましょう。


基本に、ニンニクを入れたり、バジルなどの香草を入れたり
醤油で和風にしたり、胡麻油で中華風にしたり、
ワサビなども面白い、いろいろバリエーションを楽しめます。

【油2:酢:】と覚えておくといいですね。


画像 2676.jpg

簡単、回鍋肉:ホイコウロウレシピ

画像 2692.jpg

春キャベツを使って、簡単回鍋肉。

豚バラ肉は、厚さ5ミリ5センチ角くらいに切る。
焼肉用に売られている豚バラ肉で十分です。

キャベツは5センチ角くらいのざく切り。

長葱は1センチ幅の斜め切り(笹切り)
たいていのレシピには、長葱を入れるとありますが
無くてもかまいません。
ただ最初、油に葱とニンニク、ショウガの香りを付けるときには
あるほうがいいです。
お好みでニンジンの幅広短冊。
赤は食欲を増す色ですから、入れるといいですよ。


中華鍋をよく熱しておきます。
胡麻油を中華鍋に入れて、
ニンニク、ショウガ、長葱の各みじん切りを
炒めて、香りが出たらニンジン、豚肉を入れます。
ほぼ炒まったら、キャベツを入れてしんなりしたところへ**
豆板醤、テンメンジャン、醤油で味付けします。
あらかじめ、3種の醤を合わせておくと良いでしょう。
画像 2690.jpg


中華の基本、終始強火で手早く炒めます。

胡麻油を最後に垂らして出来上がりです。

**
新キャベツは、しんなりさせすぎず、パリッとしたところが
残っているくらいが美味しい。

あまりこだわらず、豚肉とキャベツの炒め物・・くらいに思って
気軽に作りましょう。

めかぶ

09020320.DVC00005.JPG

この倍の量くらいで200円〜300円くらい。
5・6人前は十分取れます。
茎の部分も、刻んで熱湯にくぐらせ酢の物にしたり、
きんぴら風に煮ても美味しくいただけます。

生のめかぶは春先2月3月頃です。
スーパーには、パック入りで売られていますが、
生のめかぶは、味、風味ともに最高です。

見かけたら是非使ってみてください。

めかぶ中央部、茎から螺旋状のめかぶを切り離し、
さっとゆでます。
真っ青になりますので、素早く、手早く水で冷やして
細く切れば出上がりです。

09020320.DVC00007.JPG
下から見ると
こんな感じです。

ポン酢や醤油でいただきます。


ヌルヌルして切りにくいですが、とってもお徳で
しかもとっても美味しい。

味噌汁や吸い物、めかぶ丼などにしても美味しくいただけます。

タグ:めかぶ
| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春キャベツの料理レシピ:白身クリーム煮

画像 2658.jpg

新キャベツの白身魚包みクリーム煮
長い名前ですが、名前の通りの料理です。

白身魚なら何でもかまいません。
骨を全部取るか、骨の無い切り身に塩コショウして
小麦粉を付けてソテーします。
これにホワイトソースを絡めておきます。

新キャベツはゆでるか、レンジしてしんなりさせます。

新キャベツでホワイトソースを絡めた白身魚を
ロールキャベツのように巻き、コンソメなどでのばした
ホワイトソースで煮ます。

今回使用したのは、白身魚ですが、サーモンや
肉類をソテーして包んでも、同じように出来ます。

中は火が通っているので、煮るというよりは絡める感じです。
新キャベツの美味しさを味わうなら、煮過ぎないほうが
いいですよ!

詳細は⇒新キャベツ、白身魚包みクリーム煮

参照⇒ホワイトソースの作り方
| Comment(0) | 煮物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャガイモのガレット・レシピ

ジャガイモのガレット

家庭の常備菜、ジャガイモを使って、簡単ガレット。
画像 2617.jpg


ガレットは、元々そば粉と水、塩だけで焼いたクレープのようなもので、
これにソーセージを挟んだり、チーズを入れて折り曲げて焼いたりと
家庭の簡単な料理。

ジャガイモのガレットは、今ではずいぶん豪華なものに
なっていますが、ジャガイモの千切りを焼いたものと思えば
良いかと思います。

◆簡単ジャガイモガレット
ジャガイモは薄くスライスして千切りにします。
卵をつなぎのように入れる人もいますが、
ここでは、シンプルなガレットを作ります。

千切りしたジャガイモに塩コショウして片栗粉を入れます。
ジャガイモ2個に片栗粉大さじ1杯くらい。
これをフライパンで焼けば出来上がりです。

◆具財を入れて
あまりにシンプルなので、ジャガイモと一緒にベーコンや
チーズ、ソーセージなどを入れるとより美味しくなります。

◆卵を使って
卵を使ったものは、少し厚めに(お好み焼きくらい)焼いて
切り分けることも。

◆ソースを添えて
ケチャップ:トマトソース、お好みのディップなどを添えてもいいですね。

マーボー春雨

画像 2607.jpg


春雨も、安くてボリュームも出せて、お助け食材。
サラダに、煮物に、炒め物に・・いろいろ使えます。

マーボー春雨。
ピリッと唐辛子を利かせると、ご飯にも良く合います。

春雨は、袋の裏に戻し方が印刷されていますので、
それを参照してください。
品物によって太さなどが違いますので戻す方法も
時間も若干違います。

とりあえず戻して置きます。

中華鍋に(フライパンで可)炒め油と胡麻油を入れて、
ニンニク、ショウガ、葱のみじん切りを炒め、唐辛子を入れます。
または、豆板醤。
両方入れてもOK、辛味の加減を・・・。

挽肉(豚、または合挽き)を炒め、
千切りにした野菜
椎茸、タケノコ、人参、タマネギ、キクラゲ・・などを
炒めます。

中華スープを入れて、砂糖・醤油で味付けします。
これに戻した春雨を入れて、さらに炒めて、
味をみます。

水溶き片栗粉でトロミを付け、最後に胡麻油を数滴垂らして
出来上がりです。


野菜は、炒め物に使えそうならなんでもかまいません。
唐辛子や豆板醤で辛くしますが、辛さが増すほど
少し甘めにしておくと良いと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。